福島機工株式会社

お問い合わせください

福島機工BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 2017年2月記事一覧

エアコン工事(フレキシブルダクト)

2017年1月10日

 

ある日のエアコン工事風景。

 

一般的な事務室のエアコンは天井カセット型

が多いようです。

天井カセット型は、天井に露出するパネルに

吸込み口と吹出し口があり、フィルター掃除等の

メンテナンスもしやすいため多く普及しています。

 

最近ではデザイン性も向上しており、なかなかに

おしゃれです。

 

アウトレットなどでは、本来天井裏に隠れる部分も

見せた形で施工している天カセ4方向型も見受けられます。

 

写真は、そんな天カセタイプのエアコンではなく、

エアコンが天井裏に隠れるダクト型。

保温付のフレキシブルダクトは改修工事で大変便利です。

 

kouji20170110

冬の室外機

2017年1月23日

 

エアコンの修理の仕事をしない限り、
エアコン室外機の熱交換器をよく見ることはないと思います。

暖房運転時は、この寒い外の空気から頑張って
熱を吸収しています。
そして、室外機の熱交換器の中を通るフロンガスは
外から熱を吸収して液体から気体へ状態変化を
しています。

ものすごくざっくりと、この時室外機で外気から吸収している
熱量をΦ[kW]とし、
冷媒循環量q[㎏/s]
蒸発器入口の比エンタルピーh1[kJ/㎏]
蒸発器出口の比エンタルピーh2[kJ/㎏]とすると
Φ=q(h2-h1)
の熱が移動しているみたいです。

体感的に、こんな寒い場所から熱を集めるなんて
想像つきませんが、暖房時の室外機の吹き出し温度は
周囲より寒いのでそうなのでしょう。

とにかく、冬のエアコン修理時の室外機周りは
寒い!

 

室外機熱交換器の写真
室外機の周りの雪かきもお忘れなく。
室外機の霜等を無理やり取ったりしますと
熱交換器を傷つけてガス漏れの原因となりますので
ご注意ください。

改正フロンの簡易点検、定期点検は
福島機工㈱へ。

 

sotoki1

雪が降っていない状態

sotoki2

雪が降っている時

sotoki3

熱交換器に霜がついている状態
雪も付いている

sotoki4

下半分だけ霜が発生している状態