福島機工株式会社

お問い合わせください

ニュース/新着情報

  1. HOME
  2. ニュース
  3. 2018年10月記事一覧

アシストサーキュレーター(ダイキン製)

2018年10月10日

 

2018年5月にダイキン工業(株)から

アシストサーキュレーターという製品が販売されました。

 

住宅の断熱性能が上がる中、大きなリビングにルームエアコン1台だけ

という時、部屋に対しての空調能力は足りていても、風が届かなない部分の

温度はいまいち空調しにくいもの。

 

そんな現代のリビング事情にぴったり合う製品がこの

アシストサーキュレーターとなります。

 

サーキュレーターらしからぬ、まるでAIスピーカーのような見た目が

リビングを素敵な空間にしてくれるはずです。

 

ダイキン製品のお問い合わせは福島機工へ

お気軽にメールください。

アシストサーキュレーター(ダイキン製)

蛍光灯照明器具生産終了のお知らせ

2018年10月10日

 

多くの事務所において、消費電力のほとんどを占めるのが

照明と空調です。

今や照明と空調が無い部屋はほとんどありません。

照明と空調も日々進歩しており、

どちらも以前よりずっと省エネな製品が出ています。

 

空調は使用する環境によって消費電力が大きく変わるため

更新による省エネ性を実感するには1年を通じて外気温と

消費電力を測定し続け前年と比較する等の工夫が必要になってくると思います。

 

でも、事務所の照明は基本的にON-OFFです。

しかも、春や秋などのようにあまりエアコンに頼らなくて済むようなことは

無く、年間を通して営業時間中は点けていると思います。

その点において、照明の蛍光灯からLEDへの更新は

省エネを実感しやすいと思います。

(周辺の明るさにより出力を調整する照明もあります)

 

2019年3月末に国内主要メーカーが蛍光灯照明器具の生産を終了いたします。

(すでに終了しているメーカーもあります)

LEDの価格も出た当初よりずいぶんお手頃価格に落ち着いてきていると思います。

 

蛍光灯は切れたら交換すると思いますが、蛍光灯照明器具自体も劣化はします。

10~15年あたりが耐用年数と思われます。

 

この機会にぜひLEDへの更新をご検討ください。

 

LEDの省エネ効果を実感するには、現在の照明器具に蛍光灯のランプのようなLEDを

使用するのではなく、器具本体をLEDに変更することを強くお勧めいたします。

 

蛍光灯照明器具生産終了のお知らせ