福島機工株式会社

お問い合わせください

ニュース/新着情報

HOMEニュース

足場の組立等作業従事者特別教育

2017年3月30日

 

普段の仕事では脚立をよく使います。

手軽に運べて、少し高いところの作業をするには便利です。

ただ、その手軽さからの油断か、低いところからの墜落・転落災害の

数は多く、建設業における死亡者の4割近くが墜落・転落災害のようです。

 

以前は高さにより5m以上の場合は

足場組立等作業主任者を選任することになっていましたが、

平成27年7月1日からは足場の組立、解体または変更の作業に

特別教育が必要となり、5m未満の高さでも特別教育が必要となります。

 

実際に自社で、いわゆる仮設足場を組み立てることはありませんが、

ローリングタワーの組立や、脚立に足場板を渡すことはあります。

平成27年7月1日以前にすでに業務に従事していた方は、

平成29年6月30日までに特別講習(時短3時間)を受講することに

なっており、それを過ぎると6時間の新規の講習が必要となります。

 

もちろん個別の現場等ですでに受講済みの社員の方も

いましたが、まだ受講できていない方も多かったので、

協力業者の方にもお声掛けし、

今回、市内の会議室を借りて講師をお呼びし

特別教育を実施いたしました。

 

ただの、資格のための受講ではなく

普段の業務に活かすよう心がけたいと思います。

 

 

asiba1

 

asiba2

 

asiba3

 

 

 

 

 

フロン法改正

フロン排出抑制法(フロン類の使用の合理化及び

管理の適正化に関する法律)が平成27年4月より施行されます。

 

フロンガスはエアコンの冷媒として広く使用されているため、

普段はあまり意識されませんが、実は身近な存在です。

今回、お客様(空調機の管理者)にも下記の役割と責務が定められました。

・機器を適切に設置し、適正な使用環境を維持し、確保すること

・機器を定期的に点検すること

・機器からフロンが漏れ出たときに適切に対処すること

・機器の整備に関して、記録し、保存すること

 

私どもも空気調和技術のプロ集団として

フロンの法改正にしっかりと取組み

お客様のご要望に応えていきたいと思っております。

 

 

 

 

ホームページをリニューアルしました。

2014年2月28日

ホームページをリニューアルしました。

今後ともよろしくお願いいたします。